蚕種冷蔵風穴の元祖       

蚕種冷蔵風穴について


前田家風穴(産業文化遺産) 


 古くから前田家には、屋敷裏山に風穴(ふうけつ)とよばれる冷風が出ている場所がありました。江戸時代慶安期の記録にあるそうですが、集落の他の家庭と同様に漬物や野菜などの冷蔵保管に活用されていたものと推測されます。

 幕末期の慶応から明治初期にかけての当主前田喜三郎氏により、蚕種(蚕の卵)が冷蔵後も孵化が可能である事が発見されました

 この事は、生糸生産、蚕種販売、養蚕業界にとって大変な発見でした。本来、蚕は春蚕(はるご)とよばれる年に1回だけ春に孵化するものが通常でした。または、秋に孵化するあまり品質が良好でない秋蚕(あきご)の二過性を有するものもありました。それが優良な春蚕の蚕種を風穴の低温貯蔵により孵化時期をずらことができる事により、餌となる桑の葉が繁茂する夏以降、あるいは農閑期となる秋にも優良な蚕を飼育をすることが可能になり、地域によっては、年3〜5回の飼育がされるようになったのです。

 明治維新後の社会情勢は、政府が殖産興業、外貨獲得政策として養蚕業を推奨していた時代で、風穴種蚕種の発見により蚕種の生産輸出が飛躍的に伸びるきっかけとなりました。富岡製糸場が母体となり各地に建てられた製糸工場から、世界に通用する優良な生糸の大量生産がされて、日本の製糸業が世界一の生産量を誇るまでに至り、まさに近代国家の礎となる輸出産業が興ったのでした。

 前田家は先駆的な存在として全国各地から蚕種の貯蔵依頼を受けて繁盛しました。そのおかげで山奥の村、稲核まで明治中期には郵便馬車道が整備され、電信が通じて、前田家自宅敷地内には、郵便局が開設されるまでになりました。今に残る土蔵造りの前室部分は大正期に建てられたものだそうです。

 風穴を利用した蚕種冷蔵業は、やがて日本各地に普及して明治末期には全国で250ケ所あまりの風穴が登録されるほどになりました。近年、世界遺産となった群馬県富岡製糸場と絹産業遺産群を構成する国指定史跡荒船・東谷風穴蚕種貯蔵所跡は、明治末期に前田家風穴を参考に建設されたと言われています。このことは、埼玉県美里町にある秋蚕の碑に初代富岡製糸場長の尾高惇忠さんが残された碑文に信州野麦街道沿い梓川渓谷稲核村前田喜三郎に端を発すると記されています。



 前田家風穴の画像  

 




活動経過
設立総会
設立理念


新しい風穴発見
清水先生と再び上高地温風穴探索へ
私たちも上高地の風穴へ
清水長正先生の上高地の風穴探索
上高地の風穴
「水殿風穴」のされ
Wウェストンの著書
こども新聞
公民館長会見学
お酒の蔵出し
島立公民館見学
水分の成分
第2回定期総会
新酒の蔵入れ
温風穴を探す
稲核地区
航空写真
風穴画像
地区内風穴詳細表
パンフレット
パンフレットの取材